保険治療の限界・ルール / 大阪 豊中 吹田 箕面 

審美歯科治療ガイド ますだ歯科医院 大阪府豊中市上野西

ホーム

審美歯科メニュー

料金一覧

治療方針

スタッフ紹介

医院案内

お問い合わせ

保険治療の適応範囲と限界

保険治療で可能な範囲

保険治療で審美的な治療を行うことには限界があります。
保険治療で白く治せるのは 奥歯の小さな虫歯 と 前歯の虫歯 です。

保険のルール その1.
保険治療では基本的に見た目を良くすることを目的とした治療は行えません。

虫歯で黒い部分や、虫歯であいた穴をなおすことは出来ますが、歯並びが気になる、歯の色が気になる、歯の形を変えたいという悩みは病気ではないため治療対象外となります。

保険治療の考え方としては、前歯は見た目のことをある程度考慮した治療を、奥歯は咬むということに重点をおいた治療を行うようになっています。

保険のルール その2.
保険治療ではプラスチックは使えますが、セラミックは使えません。

プラスチックはご自身の歯に比べると色合いには劣ります。
また、時間とともに黒っぽく変色してくるという欠点があります。



保険治療の限界

保険治療では小さな虫歯であればきれいに治すことが出来ますが、虫歯が大きな場合や奥歯の虫歯治療には対応できません。

保険で使えるプラスチックは時間とともに変色し、かみ合わせの力に耐えるだけの強度もないためです。


保険適応範囲の白い冠について

レジン前装冠 プラスチック前装冠
前歯に対しては銀歯の表側にプラスチックを張り付けた冠を作ることが出来ます。
保険治療でも白い歯をかぶせることが可能です。
しかし、
・ご自身の歯のような色合いが出せない
・時間とともに色が変わってくる
という問題があります。

保険の銀歯
この白い冠ですが犬歯までにしか使うことが出来ません。
前から数えて4番目以降の歯に対しては銀の冠による治療となってしまいます。



銀歯になってしまうケースについて

前歯(前から3番目まで)は虫歯が大きくても銀歯にはなりません。

奥歯の虫歯で
・小さな虫歯でも奥歯の歯と歯の間に虫歯が出来てしまった場合
・かみ合わせの部分に出来た虫歯でも非常に大きくなってしまっていた場合
・神経を取り除く事になってしまった場合
には保険治療では残念ながら銀歯となってしまいます。





大阪府 > 北摂エリア > 豊中・吹田・箕面・茨木・池田 > 豊中市上野西
copyright  Masuda Dental Clinic since2009

豊中市 ますだ歯科医院では最新のホワイトニングなどの審美歯科治療を行っています。 2008年7月1日に豊中 上野西にて開院しました。
大阪府豊中市上野西3-13-55-1F ( 少路駅より徒歩9分・バス停上野西3丁目 《豊中駅・千里中央駅・桃山台駅から発着》 より徒歩1分 )
大阪府豊中市・ますだ歯科医院には豊中からだけでなく、大阪 箕面、茨木、吹田、池田・神戸・京都などよりご来院いただいております。


豊中市 歯科 | 豊中市 インプラント | 豊中市 歯周病 | 豊中市 ホワイトニング | 大阪 衛生士 求人